<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 苦肉の策。ケイタイで撮りました。ふー。
c0183801_20454567.jpg


 前日、無事 晴天の湖西連峰に登り、最後は、白須賀の道の駅まで行ってソフトクリーム
まで食べ、大満足だった私。

 しかし、夜、何気なく天気予報を見てますと。
「あれ?ちょっと明日の天気、よくなってる??」

 うーん。言いだしっぺのAさん、行きたかったろうなあ。
そいでもって、私もトレーニングがてら、もう一回登ってみてもいいかも??
 なんて、思っちゃいまして、Aさんに電話。すると、Aさん、子供たちと行こうかな?なんて
思ってたらしいので、私、もう一度行くことになりました。
でも夜に雨が降るという予報だったので、もし次の日の朝、雨が降ってたら、やめることに
して明日、最終決断をしましょうということに。

 そして、電話を切り、夜床に就くころから、すごい雨&雷。
私、ベッドに入って半分夢の中で、
「・・・・明日、だめかもなー。・・だめかな!?道もぬかるんじゃうかもしれないし。。・・・ぐー」

 さて、翌日。
雨は上がり、なんとか行けそうな感じ。

 両親にはなぜか、
「ぬかるんでるし、道がよくないぞ!!」とか、
「山は逃げていかないのに、無理してこどもかわいそう!」
とか非難ごうごう。
・・・私、小学校の時、父に連れてかれて、台風前で風がゴーゴーの中、3000Mの立山の
尾根を
「おとうさんー、ふきとばされちゃうよぉーー。」
と大声で泣きながら、歩いたことを思い出してましたけど。。
そうそう、そのときなんて大きな岩場を降りてくことになったらむしろ、
「壁があって吹き飛ばされないからうれしい。。」
なんてほっとしてましたからね。

それはいいのか?父よ。と思いながら、水筒に水を積め、7時45分ピックアップ。

さて、連チャンの2回目。今回は、Aさんのこどもっちも一緒です。小4だっけ?と小1。
登ってみて、実感!いやあ、子供って、体力あるんですね。

 お兄ちゃんのほうは、疲れも見せずにどんどん行けますし、小1の子のほうも、
文句も何も言わずに、普通に私たちのペースで歩いてきます。
  こどもっちと初めて行ったのですが、「子ども、なかなかやるな!」と見直しました。

 そういえば、お母さんAさんもその前の日のBちゃんも、基礎体力あるんですね。素敵。
だって、急な坂道も、ちゃんと話ができるんですよー。すごい。ちょっと感心!
「私、おしゃべりだから。」なんて謙遜してましたが、いやぁしんどかったら、話できません
もんね。


 さて、下りは、子供たち、ちょっと恐かったみたいで、ゆっくりゆっくりでしたが、全然
泣き言も言わず、エライ子ちゃんでした!
 
 帰り、下の子がお母さんに、
「ねーねー、このお山って無料(ただ)?」と聞きます。
お母さんと私、笑って、
「ただだよー!すごいでしょ?こんなに楽しいのにね。」
と答えました。
 ほんとにねー、車でちょっと行けばある、無料のアトラクション!すごいですねー。

 さて、帰りは、またあぜ道を歩きました。
そして、兄妹げんか発生!おー。久々、生兄妹げんか!
 原因は、お兄ちゃんは、カレーが食べたくて、下の子はピザが食べたかったことと、
下の子は、ナントカ公園によりたかったのに、お兄ちゃんは、すぐお昼が食べたかったこと。
 うーん、こんなことでケンカ、したした!

 挙句に、下の子が泣き出してしまいました。
でも、時間的にも体力的にも、今回は公園は寄れないね、ということになり。
 下の子の激情(笑)が収まるのを待ちます。

 で、気をまぎらわすか!と突然、食べ物しりとりをスタート。
「よし。しりとりするぞ!今自分が、食べたいものね。えーっとー、キーマカレー!」
「お、キーマカレー!食べたいなあ☆・・エってこと?えーっと、えのき?」
と盛り上げるため、異常なハイテンションで、スタート。
1回目は、下の子、まだコメントなし。
 でも、2回目回った時に、
「ナシ?」と一言言いまして、そのあとは、普通キゲンに一気に戻り。。あーよかった。
その後はご機嫌で、
「ずんだもち!」とか、
「アイスクリーム!」とかニコニコして言ってましたね。

子供ってほんと、単純でいいなあ!

 お兄ちゃんも偉かった。今回は、カレーは我慢すっかってことになり、カレー屋さんは
あきらめましたよ。


 というわけで、低い山は夏は暑かったけど、最近涼しくなってきてるから、そろそろ
ハイキングシーズンですね。紅葉の頃とかきれいそうだなあ。

近所の人、ぜひどうぞ☆
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-27 20:49 | 日本の自然・海・登山

c0183801_20502012.jpg


 さて、12時ごろ、「梅田親水公園」の登山口を出発。

 予定では、Bちゃんのちびさんたちも参加の予定だったのですが、ご主人に
見てもらって、急遽Bちゃんだけ。ということで、私とBちゃんのオトナ隊で出発したの
でした。

 車の中では、ちょっとくもりの天気で雨もぱらついてたので、心配していたのですが、
到着すると、なんか明るい感じ。
 こりゃ、大丈夫か??と割と楽天的な私。

 あ、親水公園のトイレの前にガイドマップがありますよ。それすごい丁寧に
書いてあるので、便利!行く方は、ぜひご利用ください。

 ちなみに、「梅田親水公園」は、google しても表示されません。微笑保育園
の裏になるので、それで調べたらいいかもね?

 えー、登山時間。表示の大体4分の3くらい?か、半分くらいの時間で回れました。
20分って書いてあったら、10分くらいかな?

 途中途中に、仏岩とかラクダ岩とか展望できるところがあります。
そこの見晴らしがなかなかすばらしくて、
「あーあっちが浜名湖だー」
とか、
「舘山寺見えるねー。」
とか、
「アクトタワーだー!」
なんて感じで、楽しかったです。標高200mくらいなんですけど、見晴らしはいいです。
 
結構、疲れてきていても、これでぱっとリフレッシュできちゃったりして私たちも結構
お手軽。。

 しかし、道はといいますと、すごーい緩やかで広めの道が続いて、いい気になってる
と、急に私たちの心を折るかのように、ぐーって登る箇所があるんですよね。
「・・う、またこの傾斜が私たちを襲うわ。。」
とか言いながら、ちょっとのぼると、なんとか岩があったりして、リフレッシュして、
とそんな感じの連続。

 1時間、急な坂だと、元気が出ない気もするんですが、結構アトラクション(?)が
あるので、だまされて、楽しくいけますよ。

 あ、ただし、最初のほうで、「くっつき虫(虫じゃなくて、こう呼んでいる草です」がつくので
気をつけてね。
Bちゃん、スパッツはいてきたのですが、なぜかくっつき虫がささりまくってました。
しかも、とんがってるやつ。
「・・ちょっとさすがに痛いところだけ、取るね。」
と言いながら、取り。。
 うーん、まさかあんなふうにくっつくとは予想できなかったなあ! 


 13時15分には、目標の「神石山」まで到着。お昼はそこで食べることができました。
私、用意をばーってしたときに、ついでにおにぎりと梨もつめこんでいたので、
それを山頂で食べました☆

 あれですね、山の上のごはんっておにぎりだけでもなんであんなに美味しいんでしょう
ね!
 友人Bちゃんとニコニコ。
しかも、風がけっこうふいてくれてたので、気持ちよかったぁ!&この頃にはすっかり
晴天!!最高でした。


 えー、その後、普門寺経由で下りまして、なぜかちょっと道に迷いました。
出掛けにBちゃんのだんなさんが、心配して、
「ナビを持ってけ!」と言われていたらしいのですが、Bちゃん、車のナビをリュックに
積んでいたので、田舎道で、車のナビで現在地を確認(笑)。

 「ああーこんな田舎道で、しかもせっかく登山してワイルドになったのに、
こんな文明の利器を使っちゃうなんて、ちょっと悔しい気もする。。」
と二人で言いながらも、やっぱり便利な車のナビでした。

 田んぼのあぜ道を歩きながら、おじさんに道を教わり、道なき道で近道して
無事に、3時間後、車に到着したのでしたぁー。

 あー、ドライブ15分なのに、ショートとリップ満喫☆
二人とも大満足だったのでした。


 次は、「なぜ2連チャン?」の巻です。でも明日ね。






 
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-26 15:59 | 日本の自然・海・登山

 私、小さい頃からなんやかんやと「湖西連峰」に連れてかれてます。
この間、どんな山に連れて行かれてたのか、昔のアルバムを引っ張り出してきては
復習。 と、ちょこちょこ土曜日の昼下がりとか、ふつうに行ってました。
そして、ぜんぜんハイキングのかっこうしてない。ちょっと公園へ行くような格好で
写真撮られてました。
 湖西連峰というのは、うちから車で15分くらいのところにある、300mくらいの
山がいくつか続いているところです。
 小さい頃の記憶では、そんなにエキサイティングだったわけではなかったようで、
「湖西連峰?近いから、行ってただけだよね?」
的な感じだったのですが。。

 ちょっと前にお客さんの口から、湖西連峰の名前が出まして、そのときには
「え、たいしたことないよ。ちゃちゃって行って帰ってこれるよ」
と否定的だった私。
大人になってからも、午後に家をでて、おやつのころにはうちに帰ってきてた気が
するんですよね。つーと、2,3時間でしょ??
 でも、その後、一緒に行くチームの子がガイドマップみたいの見せてくれたりして、
それ見てると、結構楽しそう。
 もしや、実はけっこうおもしろかったりして??と思い直しまして、行くことになったの
でした。

 さて、チームの中で一人、自己申告「雨おんな」がいまして、その人がお天気の
悪さの責任を取ろうとするのか、「あぁ雨になっちゃいそうな天気。。」って1週間も前から
すごい心配してました。そしたら、なんだか私もいっしょになって心配になってきちゃって、
毎日天気予報をチェックしてました。するとですね、行く日の前の日までは超天気いい
んですけど、確実に当日降水確率高いんですよ。
 うーん、困った。
雨でいけないというのは非常につらい。これはなんとかして行きたい!と思い、
前日の午後にならないか、打診。すると、BちゃんはOKだけど、Aさんは多忙のため
難しいらしく。。

 でも、とりあえず2人で行ってみるか!?と急遽 フライング登山が決定したのでした。
 それが、10時45分だったかなあ?
その後、20分くらいでBちゃんは家を出て、11時40分には私をピックアップ。

 決定から約1時間後には、登山口にいた先発チームだったのでした。














 
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-26 15:30 | 日本の自然・海・登山

 これは、河口湖方面から見た富士山の朝の様子。お日様が富士山を照らして
いきました。
c0183801_12203426.jpg


 最近、世間も山ブームなのかしら?それとも私が山に反応しているのでしょうか?

ちょっと前に、NHKで『激走!日本アルプス大縦断』やってましたね。
富山湾から駿河湾までアルプスを越えていくレースです。
415キロ、8日間以内がリミット。
最初のほうでコース紹介されますが、何個山登るわけ?ってくらい登ります。
しかも見てると、みんなちょっと小走りだったりしてすごい。。。

 うわぁ、すごいやーって見てました。
とりあえず、早さも競うため、睡眠なんかもみんなギリギリの状態で、レースに挑みます。
 私、見ながら、なぜかおなかがすきました。
いや、別に食べ物のシーンがあるわけじゃないんですけどね。
 なんか、見てるこっちがせめて体力つけなきゃ!みたいな気持ちになるからでしょうか!?
 と無駄にカロリーの高いナッツとか食べていた私です。。

 はあーそれにしても、すごかった。
これ、書類選考で振り分けられ、その後選考会もあり、選ばれた28人が競い合うもの
なんですが、それでも何があるかわからない(んでしょうね?)すごい体力づくりとか
みんな普段から気を付けてたりしますが、うち10人は途中で泣く泣くリタイヤ。
 結構いい調子で来てるかな?と思いきや、急に高山病で「痰に血が混ざってた」人も
いました。この人なんか、その前2年前のレースも途中で泣く泣くリタイヤしたそうで、今度こそ
ってがんばってたのに。。

 とか、目の焦点が合わなくなっていた人も途中でリタイヤ。。
疲れって、恐いですね、ほんと。彼も毎日体力づくりしてたのに、まさかの状態で
くやしかったろうなあ。

 あと、完走した人。
長野市の甲状腺がんの手術をしたあとにチャレンジしていた人、いつもにこにこと
笑顔を絶やさず、すごいいい顔してるんです。
ほがらかないい笑顔。
子供さんと「完走する」って約束して、ちゃんと完走していました。えらい!

 私、個人的にかなり応援してたのが、「ミスターボーダーライン」と呼ばれ、常に
通過地点をリミットぎりぎりで通過していた人です。
超マイペース?なのか、わかりませんが、最後はなぜか静岡駅周辺で迷い。。
 私、テレビの前で応援しながら
「もういっそのこと、タクシー乗りたい気分だよねぇ。」
とか同情してました。
 彼もなんとかボーダーラインで完走!ぱちぱち。
 
 この番組、見ながらちょっと泣けました。

これ、賞金は一切ないんですよ。みんな、「自分との戦い」なんですって。


 すごいなあーほんと。

 久しぶりについこの間から、山登りに目覚めた私。
まだ年もそんなに古くないので、(若くもないですけど)ちょっとずつ、山登りしていきたいなあ!
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-25 12:24 | 日本の自然・海・登山

 これは生きているセミですが。(2年前のセミの写真)
c0183801_20441485.jpg


 夏の前半(オリンピックの頃)は体調が悪く、暗い夏でした。
その後、調子がよくなってからは、体調が悪いときに食べ過ぎたせいでかなり肥満
したため、リハビリがてら毎日お散歩。

 で、お散歩しているとですね、ぼたっとセミが道路に落ちてるわけですよ。
あーこのままだと、道路でひからびてしまうな、と思いまして、セミを道端の草むらに
投げてやるんです。

 それでですね、歩いてると結構毎日のように私の足元にせみが落ちてるわけです。
ですので、また私は、自然に帰って、成仏できるように、落ちてるセミを拾っては、草むらに
投げ。

 これが「一日一セミ運動(笑)」です。

 前は、手でつかむの出来なかった気がしますが、今年は出来たなあ!
ちなみに、2年前の夏に初めて蝉取りしてますので、そのときの記事ね

 この間、あーもう秋が来るから、一日一セミ運動できなくなるなあなんて
しみじみ思ってしまいました★


 ちゃんちゃん。

















 
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-21 16:26 | 日本生活

 アディオス 乗鞍!また逢う日まで☆
c0183801_912269.jpg


 □■ この前の記事を読みたい方は、「いざのりくら→マウナ会 アーカイブス」を見てね■□


 さて、二人を「新島々」に送りまして、お別れしました。
次の「マウナ会」はいつの日か?・・きっと突然です☆アディオス 同志よ、また会おう。

私はそのまま「旧島々」の売店で、お土産を買いました。

 ここで、お茶を買いました。、(レフア邸のお茶記事)

 あと、りんごとおみそ。
りんご、6個くらい入ってて450円のものと、1個100円くらいのとあって悩みました。
 でもおばさんが、形がそろってないだけだよ、というので、じゃあこっち!と450円のを
買いました。
 家に帰ってから、毎日リンゴ一個!
すごい美味しかったです。
もぎたてって違うんですねぇー。あのリンゴ、なくなっちゃったので、また欲しいです。
美味しかったんだよー。ぜんぜん違うんだよー。

ちなみに、昨日 家でスーパーのりんごをかってきてましたが、母ひとこと、
「・・みそりんごだ。。」
みそりんごというのは、熟しすぎてかすかすぎみのりんごのことです。。
えーん、あのリンゴ食べたい。。。

 さて、新島々の駅を出たのが、15時。単純に6時間かかりますから、・・21時かあ。。

 で、ですね、この「マウナ会」の記事、やったら長いので、みなさん覚えてないかと
思いますが、私、毎日早起きだったんですよ。
 1日目、4時半でしょ?2日目、3時でしょ?3日目、5時でしょ?
しかも、旅先なので、眠りも浅かったんです。
 だから、もうお昼食べた頃から、すごい不安。眠い。。ねむたいよー。
でも、一人で帰らなきゃいけないから、がんばらなくちゃ。
 
 いささか、朦朧としてました。でも、途中で仮眠をとるほどでもなく、非常に中途半端
な感じ。
 帰りって、つらいっすね。。ほんと。
行きはあんなに楽しかったはずの日本人歌手のCDも、もう全然楽しくない。。
でも、歌わないと、眠くなる。。あー、葛藤でした。

 夜は道も混んだので、結局、21時半、家に到着。
「ゴ。ゴールー!!!」
と、ガレージでブレーキを踏みつつ、叫んだ私。

 「・・・ただいまー。」
と帰り、
「・・もうだめだ。。意識が朦朧としている。シャワー浴びて寝ます。」
と宣言し、10時半前には、就寝。


 あー、本当に無事に着いてよかったです。



 というわけで、なんでこんなにも長編になってしまったのか、自分でもわかりませんが
無事、完結!

 すっかり、山に目覚めた私。
この秋、もう一度くらい大きい山に行きたいなあ、と野望を秘め、毎日、図書館で借りて
きました「愛知県の山」とか、「静岡県の山」とか、「南アルプス」とかいう本をニヤニヤし
ながら、眺めています。

 でも、友人に
フラはやめたの?お腹周りは、フラのほうがしなやかになりそうだね。
山ガールはがっちりして四角くなりそうだから、気をつけろ。
のようなことを言われました。

 そろそろ、フラもしなきゃなあー!


  次回予告:乗鞍のあと、地元の山「湖西連峰」に登りました!
また、これもアップしますねー。
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-19 14:08 | ☆日本旅行☆

■□ この記事の前を読みたい方は、「いざのりくら→マウナ会:アーカイブス」を見てね。□■

 雨の上高地を後にした私たち3人。バスで爆睡し、はっと起きるともう沢渡です。
こっちはそんなに雨じゃないんですよー。ずるいー。。


 さて、移動がスムーズに行ったので、13時半前には、目的地「うす焼きカフェ豆まめ」に
いました。
 上高地の河童橋付近のご飯やさんって、観光客向けに値段が高いですよね。
そして、雨だし、私、ふと、
「あっちまで戻るけど、ダムのところに2年前Pと行ってかなり美味しかったご飯やさん
あるから、行ってみる?ラーメンとか定食あったよ。」
と言いました。
 すると、二人も、
「ラーメン、たべたーい!」
と即決。

 で、こちらがその概観なのです。が。(これは2年前の写真。快晴ですね。)

c0183801_17304222.jpg

「一見すると、クチコミとかがないと、ちょっと入りにくそうなお店でしょ。」
と私。
「・・たしかに。Nちゃんのクチコミなしでは絶対入らない感じのお店。Nちゃんはガイドブック
とかで見て入ったの?」
と聞かれました。
が、
「・・うーん。2年前、乗鞍に来たとき、長時間ドライブであとちょっとだーっていうところで
ここのダムで休憩したときに、Pとお腹すいたし、お昼のランチ安いから、入ってみる?
的な感じで、入ったんだぁー。」
と回想します。
うむ!開拓者、NとPです。
きっと、元は別の経営者が、やっていた「レストハウス」的なものだったのを若夫婦が
引き継いでやってるのかな?というのが随所にうかがえ、看板も素敵だし、私としては
アンテナがかなり立つわけですよー☆
ガソリンスタンド兼沖縄そば屋の果報さんといい、ちょっとレアなお店探すの好きなので☆

 2年前はですねー。私が850円くらいで味噌カツ定食みたいのをたべたんですが、
もう超おいしかった!んですよ。
 彼は、味噌ラーメン。スープもらいましたが、美味かった。
美味しい記憶って、残るじゃないですかー。
実は、今回絶対よりたいお店の一つだったので、二人が一緒に来てくれてよかった!

 2年前は、もうかなり寒かったので、外のテラスでは食事できませんでしたが、
今回はテラスが気持ちいい!3人でダムを前に、座りました。
 
 ここの名物の一つに、「うすやき」というのがあります。奈川というのは町の名前なんですが
そこに伝わる、おやきの一種。
 これがまたおいしいんだー。お豆がたくさんはいってて、素朴な味わい。

 そして、その日は、豚のしょうが焼きランチが完売してしまっていたので、3人とも
うすやきと、ラーメンのセット。私は、味噌にしました。


 ・・・あーおいしかった!またまた期待を裏切らず、満足!の3人。
 しばし、まったり。です。


 私は、帰りの長時間ドライブがまっていますので、おやつがてらもう一個うすやきを
買いました。そして、ふと「キナコあげぱん」の文字が目に入ります。
なんでも、コッペパンを油であげてくれて、それにキナコがまぶされているものなんです。
・・美味しそう。。
私、
「これって、冷めてもおいしいですか?」
と聞きますと、背中から
「おいしいですよー!」と声が。
?と振り返ると、お客さんの家族のパパさんが、にこにこと答えてくれてました。
おいしくて、よく食べるそうです。

 よし!じゃあこれだ!と決め、その場で揚げてもらいました。

 これ、木曽街道を越え、恵那のあたりで食べたのですが、・・おいしかったぁー!!


 みなさん、絶対お勧め☆
乗鞍高原、上高地、などに行った際には、ぜひぜひこの「うす焼きカフェ豆まめ」に行ってね。
すてきなご夫婦ががんばってますよー。












  

 

 
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-18 17:38 | ☆日本旅行☆

 かっぱばしの新・リュック姉妹。今回は、Aちゃんと私Nです。
c0183801_16571862.jpg


 ◆◇この記事の前が読みたい方は、「マウナ会 乗鞍白骨アーカイブス」を見てね。

 ごろごろ雷がひどくなり、雨はいよいよひどくなります。
森の中を歩いているときって、ほんと木の緑が屋根になってくれるんですねー。
実感!アンド感謝。ありがとう 森! 

で、赤い屋根の帝国ホテル見つけました。
雨がかなりひどいので、もう小走り。

 正面玄関から中へ入ると、やはり 雨宿りチームがたくさんいて、みんなでカッパで
大わらわ。
 どっかでスイーツを食べよう!と言っていたので、とりあえずここのカフェでいいか!
と、暖炉のあるなかに入っていきます。
カッパ上を脱ぎ、カッパ下も脱ぎ、あーびしょびしょ。。

 結構、ぬれたせいもあって、寒かったです。最初は、Tシャツの上にカッパだった私も
脱いだら、寒くなってネルシャツを着ました。
もちろん、温かい飲み物を頼み。
・・あーあったかい。

 で、ですね。そんな風に快適になてしまうと、みんなもうあの雨びしょびしょの世界には
戻る気にはとてもならないないわけで。
 Bちゃん、盛んに、
「・・えーっとさ、もうこのままホテルでタクシー拾って、河童橋に行くのはどう?」
と何回も提案。
 うーん、確かにその気持ちすごくわかる。
そして、外を見ても、窓の近くの席ではないのに十分降ってる感じが伝わってくる降り方
なんですよ。
 
 そんなにおいしくもないケーキ(←あ、言っちゃった。。でもセット1500円。昔ながらの
ケーキって感じで、別段美味しい!と思えないのが悲しい。雰囲気いいから場所代?)
を食べてコーヒーやら紅茶やらを飲みながら、しばらく歓談。&作戦を練ります。

「基本的にサー、上高地って言ったら、河童橋なんだよね?THE 上高地、なんだよね?
そこ行かないで上高地行ったよって言うのは、気が引けるから行くべきかなあ。」
「えー、嘘つけばいいんじゃない??」
「・・えー、それはどうかとぉ。。」
「じゃ、やっぱりタクシーを・・!」
「そだねー。ホテル前に停まってないけど、ホテルの人に呼んでもらえばいいのかなあ??」
「・・あたし、とりあえずトイレ!」
 はい、いってらっしゃいってんで、~しばし、中座~

という感じの作戦中の談話。でした。
あまり、中身の濃い作戦ではなさそうなのが一読でわかる。。。


 そして、結果。
「ま、あったまったことだし、地図上はあと5分くらいだろうから、がんばるか!」
ということになりました。
 私の厚いほうのウインドブレーカー、余ってたのでAちゃんに貸し、レッツゴー。

ま、歩き出すと、雨にぬれるのも慣れてくるんですけどね。
そして、10分後、人のわんさかいるバス停を発見。
そのまま、やっぱり人のわんさかいる河童橋を発見。

 ほんとは、穂高が見えるんですよね。あの雑誌とかでババーンって載ってる
「THE 上高地」は、この日は見えなかったなあ。ザンネン。

 しかし!えらい観光地ですな、さすが。箱根みたい。または京都の渡月橋みたい
でした。わしゃわしゃ人がいる。

 マウナ会、一応記念撮影をしまして、さっさと雨の上高地をあとにしたのでした。

 次回は、超レアなお店、『カフェ豆々(だっけ?名前。。)』ごはん 編 です。


c0183801_16583321.jpg

上高地帝国ホテル。建物は素敵★
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-17 18:11 | ☆日本旅行☆

 マッサージ部屋のお着替え場所 
c0183801_1162985.jpg


 久しぶりに、本業の話。

 だいたい 傾向があるのですが、肩こりもち→首こり持ち→片頭痛もち。
みたいな感じで、ここらへん連動してます。
なので、カウンセリングで、
「お天気の悪い日の前、気圧が変わるとアタマが痛くなるんです。」
というお客様がいると、たいてい、
「あ、頭皮かたいだろな。」とか、
「首も固かろう。」とか、
予想が付きます。
 
そして、「眠りはどうですか?」と聞きますと、たいてい、
「・・浅いです。」とか、
「結構、夢を見ます。」とかおっしゃいます。

 頭皮の状態も、さまざまですが、私の中で「松竹梅」がありまして、

 下から、

 梅ランク: さわると、ぶよぶよしている。
       頭皮の中にお水みたいにたまっていて、触るとぶかぶかしていることです。
       お客様に言うと、びっくりされますが、ホントなんですよ。
       そして、ほかのアタマを触らないので、こんなもんかと思ってるみたいです。
       寝不足の方に多いのですよねー。
       ぶかぶかしてたら、早めに寝てね。
       
  

 竹ランク: 固い。薄い皮の下はすぐ頭蓋骨か?というほど、かったいです。
       頭皮がまったく動かない感じ。
        こういう方は、たいてい髪がぱさぱさなんですよ。


 松ランク: 柔らかい。固いと来ますと、なにかなーと思うでしょ?
        なんと、変に固い表皮の下に、ぶかぶかと水がたまってる感じ。
        これが最上に(最悪に?)悪いコンディション。

        触って、これに気が付くと「おーキテルなあー」って感じます。
       ちなみに松ランクはさすがに、かなり少ないですね。



 で、頭痛の人に多いのは、竹、です。
竹の方には、おうちでのセルフケア(シャンプー前にブラッシングや摩擦など)
もお願いしてます。

 実際に、レギュラーのお客様で、私の施術のコツをつかみ、自分でもおうちでしてる
方がいまして、最近頭痛ないんですって!
そして、頭皮の状態もすごくよくなっています。

 というわけで、頭痛でお悩みの方も、一度ためしに、お越しくださいね。













 
 
 
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-16 10:43

 これはブラックサンドビーチの 亀(Honu)。
c0183801_16313815.jpg


結構 有名なハワイアン・チャントだと思います。
私のロミの師匠、アンティ・マイリーが、
「朝のお日様への挨拶のうたよ。それから、もしお天気になってほしかったら、
これを歌ってもいいのよ。」
というので、時々歌います。

 いけるときと、いけないときがあるんだよなー。

 乗鞍山頂では、何回か霧が晴れてきて、「ありがとう!お日様」って感じ
でしたよ★

 簡単なので、うた覚えたいヒト、言ってね。

 歌詞は、

「Aloha e ka la, Aloha e E ho'ulu mai e ka la , Ika honua nei」
を3回繰り返して
「A mama e (ハワイ語で アーメン です。)」
la はお日様。 the sun の感じで、ka la となります。

以上です。意味は、「こんにちはお日様 こんにちは!」みたいな感じ。




 あと、雲の消し方っていうのもあります。

 ちょっと小さめの雲をねらってですね、あの雲消える!って念じて 少しすると消えちゃう
んです。 (笑)。ほんとですよー。

 これ、なんかの本に書いてあって、ほんとかなあ?って半信半疑でしたが、
やってみたら、本当に消えました。
時々、思い出すと消してみたりしてます。(笑)ほんとですってー。















 
[PR]
by soulsleep129 | 2012-09-15 16:37