人気ブログランキング |

   しめくくりに マウナケアの 夕焼け模様です。
c0183801_16385624.jpg


日本がもう大晦日だということで、ハワイはまだ30日ですが、先にご挨拶。

あ、ところで、このブログに行き着いていただいたみなさんの検索第一位がなんと
「寅さん」なんですよね。。
それ目当ての方、がっかりされていますでしょうか?
でもすみません、これ一応ハワイブログなんです☆
しかしそうなんだよなあ、きっと「ハワイブログ」だと思って、行き着いてくださった方の予想も
たくさん裏切ってるんだろな。。

と思いながらも、長文主体、自分の地味な生活ブログを書くという姿勢は変わりません
が。。
だって、趣味ですからね!なんといっても、自己満足と自分の楽しみです☆


あと、クリスマスとクリスマスイブ、異常にこのブログ、たくさんのみなさんに読んで
いただいたようでこちらもびっくりしてしまいしたが、偶然たどり着いたみなさん
ありがとうございました。
しかし、今回の大晦日はみなさんお忙しいようで、かなりアクセス数が減っています。。
やはり日本の年末年始は、忙しいですもんね!いいなあ、日本での年越し。。

あーやっぱり私も帰りたかった。。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください。

来年も、もしみなさんの気が向きましたら、この独り言ブログにお越しくださいませ。
by soulsleep129 | 2008-12-31 16:46 | ご挨拶 ・ 記事のアーカイブス

特に意味なし 晩方のワイキキビーチです。
c0183801_16103487.jpg


さっきも書きましたが、今日はオフィスで4時間も色塗りをしていたおかげで、
ハワイ女子話を聞いてしまいました。

昼下がり、元卒業生の女の子が来て、事務所の女の子と話をしていました。

卒業生の子がまず、
「クリスマスどうだった?」
と挨拶代わりにききますと、事務所の子が答えて、
「変にドラマチックだったんだよね、妹とお母さんがけんかしてさ~、大変だったんだよ。
で、そっちは?」
とふると、卒業生の子が
「うーん、なんか結局一人で過ごしたんだよね~」
といい、盗み聞きしてた私も、え?!とびっくりして(・・だってかわいいんです、その子。)顔を
上げてしまいました。
で、彼女は続けて、
「ちょっと彼が来て、一緒にワイン飲んだくらいかな。たいしたことなかったよ。」。
とそれに対して、事務所の子が
「・・彼って、この間までの彼?それとも新しい人?」
とつっこみますと、卒業生の子が
「・・実は新しい人なの~!!」
と急にテンションがあがりましてびっくり。

事務所の子のテンションもそれにつづけて上がり、
「え!新しい人?またどこで見つけたの~?私ほんとにぜんっぜん いい人が見つからない
んだけど、それこそハワイ島じゅう探しても!」
と嘆き、卒業生の子も
「そうなのよね!ハワイ島にはなかなかいないのよ。変に妥協はしたくないしさ。」
と答え。

更に事務所の子が
「彼は何してる人なの?」
と何気なく聞くと、卒業生の子の声とテンションが更に5倍ほど上がり
「・・Fireman ( 消防士 ) なの!!キャーほんと彼って最高!!真剣に超かっこいいんだ!」
と答え、事務所の子も(私も)
「え~!!Fireman ( 消防士 )??いいないいな、どこで知り合えるわけ?
どっちの消防署?キャプテンクック?それともケアウホウの部署??」
と質問攻めで。。

消防士さんっていうと、日本では「へーえらいね!人のためになるお仕事で」というかんじですが
Fireman っていうと、やったらマッチョで超かっこいいイメージ。
私も思わず「いいなあー」って言っちゃいそうになりましたよ。(ごめん、P。)

・・はー、それにしても女の子の男子ネタって日本も外国も変わりませんね。
by soulsleep129 | 2008-12-31 16:27 | ◆ハワイ島留学(HISM)

9月の惨事 その1

これは昼間の道路ですが。
c0183801_12255798.jpg


あれは、木曜日の夜。やっと授業が終わり、さあ週末だ(金曜日は学校がお休みです。)
開放~!と喜んで、車のエンジンをかけ、近くのスーパーへ行こうとした時のこと。

と発進してすぐ。
「ウーウゥー♪ ○○××!!」とやかましいサイレンの音。それに混じって何かを言いながら、
パトカーです。
しかも、それはどんどん近づいてきます。・・もしや、私の車??まさか?

そのまさかでした。まったく自分の落ち度に気づいていないながら、車を脇にとめた私。
心臓バクバクですよ。・・もしやスピード違反かな?とはうすうす気づきながらも
どうしても認めたくなくて、ただの検問とかがいいな、などと 儚い望みを抱きつつ、
おまわりさんを待ちました。(どうでもいいですが、ハワイで「おまわりさん」じゃないですね。
かといって直す気もありませんが。ハワイだって回ってやがれ!おまわりめ。)

後ろの車から、女の警官が降りてきて、(すっげー嫌なやつでした。)
「あんたスピード出しすぎ!25マイル制限のところ、42マイルでてたよ。
それからブレーキランプも切れてるよ。免許証と保険みせて。」と早口でまくし立てます。
このときばかりは、言葉がわからないふりして逃げたかったです。
しかもやっぱり動転して、半分わからないし、言葉も出てこないんですよね(汗)

免許証?・・はいはい。ありますよ。と出しますと、
「これ、仮免じゃない!仮免は、誰かが同乗していないと運転できないのよ!」と
またすごい感じ悪い。
私、ほんとに知らなかったです。「・・え?そうなの?」と目が点に。
でも!じゃじゃーん、私は日本の免許証も国際免許証もあるんです!
・・あ!しかし、今日に限って家だ・・!うえーん。
で、事情を説明しましたが、あの性悪おんなは、
「でも今ないんでしょ?キップに書いとくから、裁判所で説明して。」
と、冷たくつきはなし、あんたには人の心ってものがないのか!!と私も怒りで
言葉が出ません。

更にその性悪女は続けて、
「えーっと、それからね、ブレーキランプが切れてるじゃない!これだって知ってて
変えてないんでしょ?これも切るからね。」
え!ブレーキランプも違反なの?だってこれ、たった今3分前に学校でエンジンかけたときに
気づいて、それでどうしろっていうんだよ!!と、ちょっとは反論しましたが、もちろん却下。

もう、私はスーパーに行きながら、目の前が真っ暗(夜ですからもともと真っ暗ですが。)
になりました。

 なにせ、キップの支払いが、12マイルスピード違反 約100ドル
                    ブレーキランプ切れ    59ドル
                    無免許(違うのに。。)約150ドル

の計309ドルでしたから。

ということで、後日私は 裁判所に行き、申立書を書き(英語です。もちろん)その返事が
やっときて、払った額は、159ドルでした。

この貧乏人から、160ドルも取るなんて、ほんとに日本もアメリカも交通課は鬼!です。。

余談ですが、キップを切られたその夜、憔悴しきった状態で彼の家に行くと、
ルームメイトとその友達が来ていました。
で、いつもどおり
「元気?」と聞かれたので、「まったく元気じゃない。」とキップを見せると、
「おー、きられたか!」とルームメイト。
「私も2回切られたことある!」とその友達。
・・なんだ、そんなにものすごくめずらしいことでもないなら、まあいいか、と
ちょっとほっとしました。『赤信号 みんなで渡れば 恐くない』ですね。

彼にも「その女 bit〇hだったか?」と聞かれ、「うん!」と答えたら、大笑いしていました。
そう、普段は汚い英語は使わない私も、今日ばかりはうなづきましたよ。
くそあいつめ、覚えてやがれ。


みなさん、スピード違反にはくれぐれも注意しましょう。


・・・惨事はまだまだ続きます。その2へ続く。。
by soulsleep129 | 2008-12-30 12:38 | ◆ハワイ島生活

家政婦は見た!in Hawaii

c0183801_14525070.jpg

写真右側の家です。右側。

あ!さっき。
海から帰ってきて、せんたくものを取り込んでいたんですよね。
そうしたら。。

「○○!×××!!」って大声がして、男の人が大きなバックパックを持って近所の家を
出て行こうとしています。
最初は、私も「?」と見ているだけだったのですが、やがて後から女の人が出てきて、
「×××!×△△!?」と叫びつつ、彼を止めようとしているのです。

・・おお!正にこれは、痴話げんかではないか!自分たちはよくやるけど、人のやってるのは
はじめて見た!
おー、これが外人の痴話げんかだ~@・・すみません、野次馬で。

しばらく見ていますと、彼のほうは歩いてどんどん行ってしまい、彼女もかなり
とめてたんですが、あきらめて家に入り。。
私、「家政婦は見た!」の市原悦子さん状態で、洗濯物を取り込むフリをしながら、
盗み見しちゃいましたよ。
で、あれ?もういいの?と思ってると、2.3分たってから、バタン!バタン!って派手に
ドアを閉める音がして、(彼女、相当怒ってましたね。)彼女が車でぶーって出て行きました。
たぶん、徒歩の彼を探しに行ったのだと思われ。

実は、ここの住宅街もこの街自体もそうですが、車でないとはっきり言ってどこにも
いけません。
それこそヒッチハイクでもしないと、彼もどこへもいけない訳で。ヒッチハイクはいやだと
妥協して仲直りしたか、それとも意地を張って、他の人の車に乗っけてもらったか。
でも、バックパックに荷物をつめていたと言うことはそれなりに決心したのでは、とも
察せられ。。(留守番の知らない日本人に察せられても、っていわれそうですね。)


・・さー、彼氏、どうしたかな?その後。無事に彼女と和解できたのでしょうか??
気になるところですが、真相は知るよしもありません。
by soulsleep129 | 2008-12-29 14:58 | ◆ハワイ島生活

c0183801_14264396.jpg


いいか、海が減るわけじゃないし。


4時間ほど勉強し、少し気分転換。ビーサンはいて、髪の毛つっくねて、
めがねかけて、キャミソール着て、土方の人がはくようなズボンはいて。

ゆるゆる歩くと、すぐ海なんです。いい散歩だ。

で、海見ながらしばらくたそがれてて思い出したんですが、元同僚のNっしーが
出発前こんなことを言いました。
「Nさん。ハワイとおいっつったって、大丈夫ですよ。海どおしつながってますから。」
ちょっと感動しましたね。
「・・うわーほんとだね、Nっしー!すごい発想だけど、真実だよ!」
確かに、太平洋をずーっと南下していけば、ハワイ島コナにたどりつきますもんね。

うわー、Nっしー元気かなあ、久々思い出しちゃったよ。そういえば
この間おってぃとマラソンはしってる写真もらったっけ。
という彼女は、会社員 兼 地元のサーファーです。今も寒い海に入っているのかなあ。

そういえば彼女、ハワイに行く機会があったら、ゴミひろいします。勝手に。とも言ってたな。

来たらいいのにな!Nっしー☆
by soulsleep129 | 2008-12-29 14:24 | ◆大自然ハワイ島




映画館に映画を見に行った場合、たとえどんなにつまらなかったとしても
お金を払ってしまった以上、なかなか途中で席を立つことってできませんよね。
でも、家の居間で母親がテレビで映画を見ていたりすると、何を見てるのかな?とちょっと
立ち止まって、もしそんなに興味が持てなければ、容赦なく2階にあがってしまいます。
でも、面白い映画やドラマだと、立ち去ることができないんですよ。たとえCMが間に
入ったとしても!すごいですね、よい映画の力って。
無料でいつでも去ることができるのに、人を立ち止まらせて、離さない映画ってほんとに力が
あるんじゃないかと思うのです。

ということで、2階に行けなかった映画です。

『誰も知らない』
・・ほんとは、私この日父の誕生日で、久しぶりにごはんを作ってやろうと、
いろいろ買ってきて仕込が必要な土曜の昼下がりだったんですよ。
でも。途中で切り上げることができませんでしたね。ほんと。
一番上のお兄ちゃんは、もう大きくなって最近もでていますかね?死んじゃった女の子
かわいかったな。・・うわ、思い出したらまた切なくなってきた。
現実にも起こってるだろうと思わせるあのリアルさが恐かったです。
あんなことあっちゃいけませんよね、子供にあんな思いをさせてはいけません。
ほんと、あれがだんだん起こりつつある日本だとしたら、私は悲しいです。
という映画です。


『ベルリン・フィルと子どもたち』
・・これ、『明日へのチケット』っていう、ケンローチと木靴の樹の監督と、アッバス
キアロスタミ のオムニバスを見た後だから、もうあがろうって思っていたのに
これまたNHK衛生第2でやっていて、2階に行けなかったパターン。
ストラビンスキーの「春の祭典」をベルリンフィルオーケストラが演奏して、それに振付けて
200人のこどもたちが踊るというドキュメンタリーです。
アフリカからの移民の男の子が出てくるんですよ。
家族とも離れ離れで一人ぼっちで、寒いドイツに逃げてきて、ストラビンスキーの『春の祭典』
で踊るチームに参加するんですけど、強いんですよね、この子がほんとに。
目がキラキラしてるんです。一人ぼっちでさみしいだろうに、そんなことはぜんぜん
感じさせないすごいまっすぐで前向きな子で。
あの子、今も元気にやってるかなあ?
あと、ダンスを踊り続けて50年っていう先生もでてきますね。
ものすごく真剣。ダンス一筋で、指導も厳しいんですが、でもほんとに子どもたちに
心でダンスを感じてほしいんだっていうのがものすごく伝わってきて
とても素敵な先生でした。
その先生の身の上話もでてくるんですが、苦労されてるんです。
身につまされる思いで聞いていましたよ。孤独と言うのを肌で感じてきた人でした。

指揮者の人も良かったな。ちょっとジムジャームッシュ似で。(あ、髪型か?)
小さい頃から、ちょっと変わっていたようで、でも日本って変わっていることってあんまり
許してくれないじゃないですか。とハワイに来るとなお思いますが、ドイツはそういう点では
柔軟なんでしょうね。


ふー、きりがないので、もう一個だけ。
雰囲気だいぶ違いますが、
『デスノート』
これ、テレビでこの春にやったときに、コタツはいって母親に
「えーほんとにこれみるの?絶対くだらないから、やめようよ~。
しかもこわいんじゃないの?」と反対しまくっていたのですが、なんだ1はかなり
ひっぱりますね。おかげで続きが気になって、トイレにも行けませんでしたよ。
2の最後はいまいちでしたが、へー、なかなかおもしろいんだっていう映画でした。
中村獅堂が悪魔の声やってましたが、ぜんぜんわかりませんでした。。
って友達に言ったら、「えーそのものだよ~」と言われてしまいましたが。


ということで、テレビでやってる映画というのも、なかなか「出会い」というかんじで
いいものですね。
by soulsleep129 | 2008-12-29 10:17 | 映画・ドラマ・本

蒼井 優 ちゃん


画像お借りしました。。


今日は日曜日。島の反対側、Hiloにもちつきを見に行くことになっていたんですが、
どうも体調が悪く風邪が全快していないようで、今日も午前中ずっと寝ていました。
・・すっきりしないなあ。
と、今日はブログを書く気にもなれず、ちょっとけだるい日曜日だったんですが、
ふと『情熱大陸 蒼井 優』の動画を見つけ、見ていたら書く気になりました☆

これ、2006年に放送されたもので、ちょうど『フラガール』の撮影とか
『ドクターコトー診療所 2006』とかの撮影中だったらしく、2年前にフラッシュバックして
しまいました。
今までの彼女の作品も出てきたんですが、結構見てるんですよね。意識していなかった
んですが、私 蒼井優 ちゃん好きらしいです。というかかうちの母も。
うちの母親とは、『テレビドラマ&映画みる友達』でもあるので、あの人が借りてきてちょっと
面白そうだと、そのまま居間に居座ってみるというパターンで、彼女の映画も何本か
見ているようです。

『リリィシュシュのすべて』
・・みました。でも蒼井優がでていたのは気づいてなかった。恐い映画だったという印象。
     

『花とアリス』
・・かわいかったですね~。アリスたち。高校生ってかんじがよく出てて。
私は、公園のボートでデートするシーンが妙に好きでしたね。あとバレエのシーン。
なんにしても、この年頃の女の子たちって、存在してるだけでかわいいんですね。
そうだったのか。自分たちが高校生の時には、「若いっていいね」と叔母さん達から
いわれても、ほんとにぴんと来ませんでしたが、今10何年も過ぎてみると、それが
よくわかります。
見てても同性ながらうっとりしてしまう、なんともいえないかわいさがあります。

『亀は意外と早く泳ぐ』
・・・変な映画でした。。これ見てる人少ないんだろうな。と勝手に心配してますが
どうなんでしょうか?でも妙に我が家ウケする映画で、見た後、家族中で何度
「あずきパンダちゃん」の歌を口ずさんだことか。ふせえりさん最高です。

『ニライカナイからの手紙』
・・・最後がやっぱ悲しかったですね。。
で、なんだろな、そんなに脚本とか演出はすばらしいとは正直思わなかったんですが、
彼女がよかったから、私の中でかなり点があがった、という感じです。
やっぱり主人公が魅力的だったり、役者でないと最後まで見られないですよ。

『ハチミツとクローバー』
・・・この映画、口コミとか評判がいまいちでどうかなあ?と首を傾げつつみたのですが、
いい映画じゃないですか!なんで、いまひとつ盛り上がらなかったんだろう?
彼女も、また一段と風変わりな役で。しかし、何をやってもその役になるっていうのがほんと
役者ですね。わざとらしさがなくて、なにやってもその人になってしまう、というのがすごい。

余談ですが、役者さんって二通りあって、何の役をやってもその人にしか見えないんだけど、
でもそれがいい、っていう人。たとえば、笠 智衆 さんとか、緒方 拳 さんとか、
ジャックニコルソンなんかもそうですね。すみません。たとえが古くて、笠さんなんか
だれもしらないですね。小津安二郎の映画によく出てるおじいさん役の人です。
寅さんでは、おしょうさん役で出てたような。
とにかく、出てきただけで画面の雰囲気が変わるというか、もうあなたたちが出てきてくれた
だけで安心!みたいな。

と言うタイプと、いろんな役ができるタイプで何をやっても全くキャラが違うんだけど、
不思議と違和感なくハマッているというタイプ。小林 馨さんなんかそのタイプ。
あとだれかもっとたくさんいた気がするんですが、思い出せない。。また思い出したら
追加しますが。


蒼井優ちゃんは、あきらかに後者のタイプだと思います。
何をやってもハマるし、見ていてもほんと安心です。


『フラガール』
・・・踊り上手でしたね!ベタにもこれを見てフラをはじめた私です。
松雪さんもよかったし、パワフルな映画でした。個人的には、池津祥子さんを応援していました。
あと、富司 純子さん、すっぴん(ぽくても)十分きれい!さすが元 緋ボタン お竜!
貫禄ある肝っ玉母ちゃんで、よかったです。
もちろん蒼井 優ちゃんも負けてなかったです☆



『DRコトー診療所 2006』
・・・これがまた、蒼井 優ちゃん、鈍くさい役で、ハマッてましたね。
みててわが妹を見てるみたいでハラハラしてしまいました。「あそこまでじゃない!」
と口を尖らせていましたが。
このドラマもいいドラマですね。2004のときから楽しみに見てました。
沖縄の離島っていうのもいいし、中島みゆきさんのうたもまた良かった。
出てる役者も達者な人が多くて、安心してみてました。
小林馨さんとか、柴崎コウちゃんとか、泉谷しげるとか(なんでさんをつけないんだ?)
大塚寧々さんとか、筧利夫さんとか、時任 三郎さんとか。泉谷さんもさんつけておこう。
これ、きっと『北の国から』みたいにずーっと続いていくんじゃないか?という
私の読みなんですが、どうでしょうか??


『タイガー&ドラゴン』
そうだ!これにも出てたっけ。この間10月に久々もう一度見たんですよ、このドラマ。
オチとか筋を忘れた頃に見たので、かなり楽しめました。
優ちゃんは、脇ながら元気でかわいかったです。

ということで、勝手に感想かいてしまいました。

蒼井優ちゃん 今日は書く力をくれてありがとう!
風邪を治して、明日はテストだ!
今から、カラーリングブック(という解剖学の色塗り)やります☆
by soulsleep129 | 2008-12-29 08:50 | 映画・ドラマ・本

リサ ほらをふく 



『Nとガスパール』の続編です。

妹とスカイプで話していて、
「ガスパールあやうくなくすところだったよ!」
と報告したら、
妹が最近本屋でリサがやたらにホラをふく話を読んだらしく、
その話を聞かせてくれました。

「題名はなんなの?」と私。
「えーっと、なんだったっけかなあ?『ガスパールと夏休み』?覚えてない。」と妹。

正解は、『リサ ジャングルに行く』でした。

妹の説明
「なんかね、リサとガスパールが夏休みどこいった?っていう話してて、
ガスパールはヨットに乗ったんだけど、リサはどこにも行かなかったから、ホラふいてさ
ジャングルに行っただの、ヘリを操縦しただの、嘘っぱちを言うんだよ。
読んだときは、そんなにおもしろいとも思わなかったんだけど、今お姉ちゃんに
話してたら、なんだか面白い話に思えてきた。」
といっていました。

リサめ、なかなかやつも只者ではないな?
なんかの批評にも、リサはちょっと 生意気(?)って書いてあったようななかったような。


私もリサとガスパールシリーズ、読んでみたいなあ。
by soulsleep129 | 2008-12-28 05:07 | 映画・ドラマ・本

c0183801_4365936.jpg

このガスパール、かれこれもう4年位前に友達Kちゃんに連れて行ってもらった
地元の雑貨屋で買ったものです。
携帯のストラップで、白いほうのリサは別の友達Yちゃんが買い、私はこの
ガスパールを買いました。
しばらくつけていたのですが、金具がやわくて、割合すぐ取れてしまったんですよね。

で、なんとなく放置されること半年以上。
その頃はとくに愛着もなく、『こわれちゃったストラップ』という程度だったのです。

しかし、2年前の夏、妹とフィジーに行ったときのこと。
そのときは、フィジーの本島から船で4時間も揺られて、ヤサワ諸島の一番隅の
離島まではるばる行きました。
おっきなスーツケースを抱え、すっかり『うるるん滞在記』。
お湯はもちろんでないし、車なんて島には一台もなく、島の人口は50人。

というすごいところにバカンスしに行ったのですが、その島での2日目。

妹が朝起きて、小屋(ブレというバンガローみたいのですね。)のドアを開けると、
第一声
「おねえちゃん!こんなところにガスパールがおちてるよ。」
「え!」
と、見に行くと、小さなガスパールがたしかにドアの外にぽつんと落ちているのでした。

そういえば前日 私は、自分のバッグに入ってしまった砂をはたこうと、裏返しにして
バタバタやっていたのですが、そのときに落ちたのか?
しかも、バッグにガスパールが入っていたことすら全く認識していませんでした。
 余談ですが、自分のバッグの中って、使いもしないのになんとなく出さなくて、
ときどきずーっと入ってるっていうものありませんか?
私そのときも、ストラップがないからどこにもつけられないし、かといって、わざわざ
バッグから出してどこかに飾ってやるほどの愛着もなく、といった理由で、半年とか
かなり長期間、そのままバッグに入れていたようです。

こんな離島まで、まったく気づかなかったとはいえ、長時間フライトや長時間フェリー
に揺られ一緒に旅をしていたなんて!
ということで、急に愛着がわきだした私たち。
ガスパール in Fijiで 写真を撮りまくりました。

その旅の終わり、妹はそのままフィジーで1ヶ月滞在することになっていましたので
妹に
「さみしかったら持ってっていいよ。」
と言うと、
「じゃ、貸して」
と言いますので、そのままガスパールを貸してやりました。

そして、1ヵ月後妹は帰国。
しかしガスパールは、そのまま彼女の住む東京に1年ほど滞在したのでした。

で、今回、私、
「お姉ちゃんハワイに行くから、ガスパール返して」
と妹にわざわざ実家に持ってきてもらい、一緒にハワイに漂着。

とことんリゾートに縁のあるガスパールです。

しかし、ハワイ島に漂着して3週間目のこと。
家も一応決め、学校が始まった頃のこと、(また引越しのところか、トラブル 
のカテゴリーで書きますが、)ちょっとした事情で家を急に引っ越すことになり、
ジャングルに決めた次の日、すぐ引越しになったのです。

あわただしく引越しを終え、2日くらいたったとき、前の家に携帯の充電器を
忘れたことに気づいた私。
電源もなくなりそうだし、あせって前の家に行ったのですが、充電器の横に
ちょこんと小さくなっているのが、ガスパール!だったのでした。

「あ!ガスパール忘れてたんだ!!きゃー」
とあわてて、ズボンのポケットにガスパールをいれ、無事一緒に家に帰ってきた
のでした。

と言うわけで、今も彼は一緒にこのハワイ生活を楽しんでおります。
by soulsleep129 | 2008-12-28 05:00 | ◆ハワイ島生活