憧れのカーネギーホール(Carnegie hall) in NYC

c0183801_9158.jpg


 この間、「partial view(一部見えないけどだいぶ見える席)」を予約した私。
日曜日は、芸術の日。朝は、メトロポリタン美術館に行き、15時から開演で
カーネギーの メトロポリタンオーケストラのクラシックコンサートを聴きに行きました。

 今回、チケットを入り口で受け取る「will call 」にしまして、受け取り、
そのまま席へ。 
Pママに、
「洋服はどうしたらいいのか心配」
と聞きますと、
「あら、NYは どこでもカジュアルで大丈夫よ☆ 上だけちょっとおしゃれにしていけば
いいのよ」
というアドバイス。その通りでした。よかった。

席は、ドレスコートという3階の正面の席です。
西洋のホールって、縦に長いんですね。上から見下ろす感じ。

日曜の昼下がりのため、お席はほぼ満席。年配の方も多くいらっしゃいまして、
みなさんご夫婦やお友達と聞きにきている様子。
 いいですね!ニューヨーカーは、日曜の昼下がりに気軽にコンサートなんて。
私も、近かったらしょっちゅう行くなあ@

隣は、イタリア系の老夫婦でして、おじさん、メンデルスゾーンで知ってるメロディだった
らしく、
「あー!これ、いいなあ!」
という感じで、隣の奥さんに、にこにこしてイタリア語で、話しかけてました。

 ちなみに演目は、
モーツァルト アダージョ ホ長調 K.261
メンデルスゾーン バイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
シェーンベルグ バイオリン協奏曲 OP.35

真ん中のメンデルスゾーンは、冒頭誰でも聞いたことのある有名な出だしでした。

シェーンベルグは、アメリカの作家なのですが、前衛的(という説明か?)不協和音
の大連発で、あまり私は楽しくありませんでいた。
 ※父に言ったら、「12音階といってくれ」と言われました(汗)

 好みですけど、私はやっぱりきれいな和音がいいなあ!



 あー、それにしても!
音がすばらしく良かったです。
音響、こんなにも違うもんですかね?びっくり。
今回は、バイオリン協奏曲だったので、バイオリンのソロを聞く機会が多かったのですが
ほんとにぜんっぜん違います。うっとり。

 カーネギー。絶対お勧めです。



c0183801_914882.jpg

  外見工事中。


c0183801_92222.jpg

 柱があってね、「ちょっと見にくい」でしょ?


c0183801_925153.jpg

 望遠を使って撮ってません。結構ちかいでしょ?
 


 
[PR]
by soulsleep129 | 2012-05-24 09:07 | ☆NY・韓国・ペルー旅行★