日本の冬の海の色 

 写真はまたアップしますね。

 海の色、私、冬の海の色、とても好きです。深いくっきりとした濃い寒い色。
説明難しいです。

 私の海の色を見る生活は、高校生から始まりました。
電車に乗ってると、新居町駅から弁天島に向かう途中で、浜名湖が見えるんです。
毎日電車に乗りながら、
「あー今日は雨の後だから、にごってるや。お、水かさも増してるなあ」
とか、
「今日は、春の色だ。きらきら輝いて、海の色も水色だ~」
とか。
 毎日毎日みますからね、自然に季節も感じますね。
あの通過場所、新居浜松間では、いまだに一番の見所ですね。
いすに座るのが惜しい区間です。

 今日の海の色、ため息がでるほど、格別でした。まったく、あの深い色合いには
脱帽!です。やっぱり海って素敵です。魅力的です。すごいです、海。
ちょっとくらい寒くても、りんごほっぺになっても、口がかじかんでも、
冬の海は、海の中でも格別です。

 そういえば、カナダ行く前、2月の終わりのさむーい時期に、毎日毎日
歩いて海にいく、という習慣がありましたっけ。
 決まって、テトラポットのあたりで遠くの海を見つめながら、
「あの向こうに大きな大陸があるのだ~。」
と毎日思っていたものでした。

 海、行ってみてくださいね。

















 

 




 
[PR]
by soulsleep129 | 2011-01-07 17:12 | 日本の自然・海・登山