ピアス体のあちこち!文化 in Hawaii

これはクラスメイトRの家のナス。『大麻』ってイレズミしてるくせに、趣味は
家庭菜園ですから。。
c0183801_175558.jpg


えー、我が家のゴッドマザーは、私と妹が思春期時代にこう言いました。
「ちゃんとしたうちのおじょうさんは、耳に穴なんか開けないのよ。」

うちがちゃんとしたうちかは別として、
耳に穴を開けると、夏は膿むっていうし、めんどいからどっちにしろピアスの
穴など開ける気はなかったため、開けませんでした。
で、今に至ります。
妹は、私の数倍 品行方正!ですので、そういうことはしませんでした。

さて、今日、クリニックの合間に話していたら、
Kちゃん(アメリカ人の20歳前の女の子)の頬にピアスがささってるじゃ
ありませんか。
「K!痛くないの??」
と聞くと、
「別にいたくないよ、ていうか・・」
と 舌につけてるのも見せてくれました!

舌につけてるのは、別に平気、でも最初ごはん食べるときに、
舌につけてるの忘れてそれを食べ物と思ってかまないように
気をつけるのが大変だった、と言ってました。
自分に これは食べ物じゃないよ、と言い聞かせるらしいです。最初。
へー。

そこから、アメリカンたちは、めいめい どこの部分はどうだった、
という話を始め。。

すごいですね、アメリカのピアス文化。
お腹は、痛いらしいです。
あと、眼の横は気になって、1ヶ月ほどで取った、というR。
鼻のリングはそんなに気にならないな、という声。

うーん、すごい。
ふつうの女子が、ピアスに刺青(タトゥー)ですもんね。。

Rは初級時代からの仲良しのクラスメイト。
彼女、ものすごーく優しくて勉強はできるし、それこそ品行方正だと見えて
『大麻』っていうイレズミしてますからね。びっくりデス。

最初マッサージするとき、
「なんていうことを彫るのあんたは??」
とつっこんでしまいました。思わず。。
そしたら、R
「つい若気のいたりで。。」
・・アメリカです。

そういえば、10年前 カナダ留学時、カナダ人のルームメイトだった
キャロリンの友達で、ジャックブラックみたいな人とごはん食べに
行ったことがありました。
その人、すごい変わってておもしろい いい人だったんですが、
鼻に輪っかのピアスしてたんですよね。

で、当時わたし ほとんど全然 話さなかったんですけど、つい
「これは、なんのためにしてるの?」
って聞いちゃいました。
そしたら、彼、
「子供がぶら下がるようにだよ。」
ってまじめに答えてくれたなあ。
あーなつかしい・・。

あ、ちなみにPはいれずみもピアスもしてませんね。
そういえば!昨日、彼の16歳のときの写真みました!
・・超かわいい!アメリカ版ジャニーズだったんです!あーあのころに会って
いたらよかった。
どこをどうすると、このスキンヘッドのおっさんになっちゃうんだ。。


つーことで、ピアス文化レポートでした。
[PR]
by soulsleep129 | 2009-03-05 17:55 | ◆ハワイ島留学(HISM)